展覧会情報

現代美術

やなぎみわ展 神話機械 
MIWA YANAGI: Myth Machines

会期: 2019年10月20日(日)~2019年12月01日(日)   

 1990年代から現在に至るまで、現代美術のみならず演劇界でも忘れられないアートシーンを創出してきた美術家やなぎみわ(1967~)。<エレベーター・ガール>で最初に注目を浴び、<マイ・グランドマザーズ>や<フェアリー・テール>といった一連の写真作品で世界的に評価を受け、2009年には第53回ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表となる一方、翌2010年には本格的に演劇プロジェクトを始めます。

 大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作で話題を集めるほか、台湾で製造したステージ・トレーラーを母体に2016年から日本各地を巡礼している野外劇「日輪の翼」は、大きな感動を与えました。その舞台作品と並行し、日本神話をモチーフに桃を撮影した新作シリーズを制作しており、今回、日本で初めて発表します。

 また本展に向け、京都、高松、前橋、福島の大学等と連携した「モバイル・シアター・プロジェクト」が立ち上がり、マシンによる神話世界も展覧会場に生み出されます。美術と演劇の両極を往還することで生まれるやなぎ作品は、スペクタクル性とドキュメンタリー性が交錯し、虚実を幾重にも越境していくものです。待望された約10年ぶりの本個展では、これまで以上にやなぎの汲み尽くせぬ創造の泉に迫ります。

 

協賛:ライオン、大日本印刷、損保ジャパン日本興亜、日本テレビ放送網、JAふくしま未来、JAグループ福島
助成:芸術文化振興基金
協力:京都造形芸術大学、香川高等専門学校、群馬工業高等専門学校、福島県立福島工業高等学校、京都工芸繊維大学 ROBOCON挑戦プロジェクト、一色事務所、堀内カラー
企画協力:一般社団法人MIWA YANAGI OFFICE

 

                

         

                                            ≪神話機械≫2019年 高松市美術館提供 撮影:表恒匡

                     左上より ≪タレイア≫、≪テルプシコラー≫、≪メルポメネー≫、≪ムネーメー≫

 

         

                        《女神と男神が桃の木の下で別れる:川中島》(部分)2016年 作家蔵

 

       

                                    ≪日輪の翼≫2016年 撮影:表恒匡

 

              

               ≪My grandmothers:YUKA≫2000年 作家蔵         ≪Untitled Ⅰ≫2004年 作家蔵

 

        

                                ≪次の階を探してⅠ≫(部分)1996年 高松市美術館蔵

◆関連イベント

やなぎみわ アーティスト・トーク

【日時】10月20日 (日)14:00~15:30(13:45開場)

【場所】神奈川県民ホール 6階 大会議室

【料金】無料(展覧会入場券が必要です)※先着150名

 

ギャラリートーク

  担当学芸員によるギャラリートーク(展示解説)です。

【日時】11月9日(土)14:00~ 当日会場へお越しください。

【料金】無料(展覧会入場券が必要です)※予約不要

 

構成・演出:やなぎみわ 出演:高山のえみ 音楽:内橋和久

【日時】11月29日 (金)、30日(土)19:30開演(19:00受付・上演時間 約1時間)

【場所】神奈川県民ホールギャラリー 第5展示室

【料金】全席自由(入場整理番号つき):ベンチ席 2,000円  立見1,500円 各回定員100名

【チケット取扱】チケットかながわ 0570-015-415(10:00~18:00)

https://www.kanagawa-arts.or.jp/tc/

発売日10月20日(日)

窓口:神奈川県民ホール2F(10:00~18:00)/ KAAT神奈川芸術劇場2F(10:00~18:00)/ 神奈川県立音楽堂(13:00~17:00 月曜休)

 

*当日に限り、本チケットの提示で展覧会をご覧いただけます。(17:00閉場)

*11月29日(金)終演後にアフタートークあり。

ゲスト:水沢勉(神奈川県立近代美術館 館長)、谷川道子(ドイツ演劇研究者)

*未就学のお子様の入場はご遠慮ください。

※本プロジェクトは、JSPS科研費JP17H00910に関連する作品です。

 

やなぎみわ

(写真:熊野新聞提供)

 1967年神戸市生まれ。1991年京都市立芸術大学大学院(工芸専攻)修了。1990年代半ばより、若い女性をモチーフに、CGや特殊メークを駆使した写真 作品を発表。制服を身につけた案内嬢たちが商業施設空間に佇む《エレベーター・ガール》シリーズ、2000年より女性が空想する半世紀後の自分を写 真で再現した《マイ・グランドマザーズ》シリーズ、少女と老婆が登場する物語を題材に した《フェアリー・テール》シリーズ等により国内外で個展多数。2009年第53回 ヴェネチア・ビエンナーレ日本館代表。2010年には福島県立美術館で開催さ れた「胸さわぎの夏休み」展に出品。2011年より本格的に演劇プロジェクトを始動 。大正期の日本を舞台に、新興芸術運動の揺籃を描いた「1924」三部作を美術館と劇場双方で上演し話題を集めた。あいちトリエンナーレ2013にて上演した「ゼロ・アワー 東京ローズ 最後のテープ」は2015年アメリカ数か所を巡回した。横浜トリエンナーレ2014を皮切りにステージトレーラー・プロジェクトが立 ち上がり、2016~17年には野外劇「日輪の翼」となって横浜・新宮・高松・大阪・ 京都への移動公演を行った。2019年秋、神戸において上演予定。また2018年 高雄市美術館(台湾)の国際企画展に招待され、新作写真シリーズ《女神と男神 が桃の木の下で別れる》等を発表した。

 

展示室

第1展示室,第2展示室,第3展示室,第4展示室,第5展示室

時間

10:00~18:00 入場は17:30まで

入場料

一般1,000円 学生・65歳以上700円 高校生以下 無料
*障害者手帳をお持ちの方と付き添いの方1名は無料

休み

木曜日

お問い合わせ

神奈川県民ホール 事業課  045-633-3795

主催

神奈川県民ホール[指定管理者:公益財団法人 神奈川芸術文化財団]、読売新聞社、美術館連絡協議会